家族

ベビー布団や赤ちゃんが飲む水について│ウォーターサーバーの活用法

赤ちゃんの寝場所について

眠る赤ちゃん

赤ちゃんが寝るスペースとして、ベビーベッドを用意する家庭が多いと思いますが、最近はベビー布団を使わせる家庭もあります。ベビー布団は敷き布団と掛け布団が合わさった形になっており、赤ちゃんが勝手に布団から這い出さないような工夫が施されています。ベビーベッドは赤ちゃんが小さい間や他にもお子さんがいる場合は、安全が確保されるため人気がありますが、どうしてもスペースをとるため邪魔になってしまいます。また、赤ちゃんを柵で囲ったような形状になっており、座高も高いものがほとんどです。そのため夜泣きなどのときは、大人が起き上がって抱っこする必要があります。さらに、柵を外す手間も発生するため、赤ちゃんを出し入れするだけでも大変です。しかし、ベビー布団なら大人が隣にいるため夜泣きなどのときは、布団に座りながらでも抱っこすることができます。また、泣き止んだあとは、大人が横になりながらでも赤ちゃんをあやすことができます。赤ちゃんにトラブルがあったときでも、添い寝の状態だとすぐに変化に気づくことが可能です。ベビーベッドだと赤ちゃんのところに行くのも時間がかかるので、緊急時には布団の方がいいかもしれません。ベビー布団のような赤ちゃんとの添い寝の状態だと、赤ちゃんと信頼関係が築きやすいという研究報告もあります。赤ちゃんはつい最近まで母親のお腹のなかにいたので、お母さんのそばにいると安心して眠ることができるようです。さらに、ベビー布団はベッドほどスペースをとらないため、部屋を有効活用することができます。さらに赤ちゃんと出かけるときは、布団を干して収納スペースにしまうことができるので衛生的です。

お子さんの遠足の準備に

ベイビー

お子さんに使わせる水筒は清潔さを保つため、細かく分解して隅々まで洗うことができる物を選びましょう。また、子どもが水筒を振り回して壊してしまわないように、丈夫な物や柔らかい形状の物を使わせることが大切です。

» 詳細へ

飲水にこだわる方は

サーバー

市販のお水にはミネラルが含まれているので、赤ちゃんの消化に負担をかけてしまいますが、赤ちゃん専用のウォーターサーバーなら、そのような心配をする必要はありません。また、お水を運ぶ手間も省けます。

» 詳細へ

水質にこだわる方は

赤ちゃん

赤ちゃんにはミネラルウォーターをあげるよりは、水道水をあげた方がいいでしょう。しかし、自宅の排水管の環境によっては不衛生になるので、心配な方は自治体などに聞くことが大切です。

» 詳細へ